サイの角のように 独りよがり映画論

映画について自分勝手な感想の備忘録。ネタバレもあり。 ほかのブログから引っ越してきました。

『オトナの恋愛事情』 どちらが気楽にセックスできるか

 「ラブストーリーズ」のシリーズ第2弾のなかの1本。

 主演は丸純子

 監督は『メイクルーム』の森川圭

オトナの恋愛事情

 丸純子の今回の役柄はそれなりのキャリアウーマンだけれど、実は「白馬の王子様との恋愛」を夢見ているというちょっとイタい女性。男優陣には女性向けAVに出演しているという駿介(有馬芳彦)というカワイイ男の子と、プレイボーイ気取りの50代男性(冨家規政)。

 丸純子演じる山岸詩織は、売れ残ったアラフォーの生態よろしくマンションを購入して老後に備えている。それを当てにした姪っ子冴子(間宮夕貴)が居候して、たまに男を部屋に連れ込んだりもしている。詩織自身は男もおらずひとり寂しく女性向けAVなんかを見て、男優の駿介に恋をしたりしている。そんな詩織が急にふたりの男性との間で揺れ動くことになる。

 もちろん最初は王子様の駿介とのセックスを夢見ているわけだけれど、女優さんをいつも相手に仕事でセックスをしている駿介はおばさん相手に失望するかもしれないと詩織は踏み切れない。一方の加齢臭も気になる50代男性は気張っていたけれど、病気もあったりして自信喪失中。どちらが気楽にセックスできるかと言えば50代の男の方というのも頷ける。

 結局、詩織はどちらともベッドインしてしまう。ベッドシーンはとても対照的に描かれていて、詩織はロマンチックではないけれど賑やかで楽しいセックスの方を選ぶことになる。夢見がちだった詩織も多少はオトナの女性になったということかもしれない。

 コメディタッチの作品で丸純子のコメディエンヌとしての魅力が活きているとても楽しい映画だったと思う。もちろん脱ぎっぷりもよかった。それから相手役の男性陣も好対照で気が利いていたし、姪っ子役の間宮夕貴『甘い鞭』ではまだ子供っぽい印象だった)は若いのに妙に貫禄があってよかった。

『母の恋人』 懐かしの顔だけれどちょっと気恥ずかしい

 ラブストーリーのシリーズ第2弾のなかの1本。

 主演の水島裕子は昔テレビで見たことのある顔。現在は50歳を超えているというからちょっとビックリ。

母の恋人

 居酒屋を営む小池涼子(水島裕子)は娘の美奈(佐々木心音)とのふたり暮らし。年頃の娘のことが心配でならない母・涼子は、美奈の留学希望を受け入れることができない。そんなとき美奈のボーイフレンドである北川幸太(菅原昌規)が涼子の居酒屋でバイトをすることになり……。

 幸太は最初は美奈と付き合っているわけだけれど、バイトしているうちに母親の涼子のことが好きになってしまうという展開。どちらにもベッドシーンが用意されているのだけれど、佐々木心音はなぜか必死になって胸を隠している。というのも後半で母親役の水島裕子のベッドシーンがあるからだろう。その前に『マリアの乳房』ではふんだんに披露している若い胸を見せないようにするという配慮が働いているらしい。といっても佐々木心音のおしりはとてもエロい。

 水島裕子の演技は正直とてもヘタなのだけれど、ベッドシーンは手馴れたもの。日本では熟年女性のラブシーンというのはあまり普段は見ないので、かえって新鮮なのかもしれない。熟女好きにはたまらないのかもしれないのだけれど、母親の裸を見るようで妙に気恥ずかしい感じもある。

 陽の光のもとで行われる水島裕子とのラブシーンでは、幸太を演じる男優のパンツがかなりモッコリとしているのが妙に気になる。やっぱり本気になってしまう瞬間があったのだろうか。


『誘惑は嵐の夜に』 母と娘の入れ替わりコメディ

誘惑は嵐の夜に

 ラブストーリーのシリーズ第2弾のなかの作品

 大ヒット中の『君の名は。』でも取り上げられている入れ替わりが題材となっているコメディ。ここで入れ替わるのは母と娘。母・佐和子を演じるのは高樹澪で、娘・康子は石川優実。入れ替わり方もじゃれあっているときに落雷があってというベタな設定なのがかえって笑える。

 このシリーズだからベッドシーンはもちろん見せ場となっているのだが、その役目は石川優実のほう。高樹澪は娘と身体が入れ替わってしまったあとに、鏡の前で下着姿となってその身体を確認するシーンがあるくらい。

 石川優実演じる康子のほうは何度かベッドシーンがあるのだが、中身が入れ替わってからは身体は康子でも中身は母親・佐和子という設定だから、中身の佐和子は若い肉体を利用してよく知りもしない男性とエッチをしてしまったりする。

 母親としてはあり得ない行動だとは思うのだけれど、基本はコメディだからそんなものだろう。若い身体を取り戻すことはそれなりに歳を取った女性としてはそれだけ重要なことだったのかもしれない。母親の身体になってしまった康子のほうは、夫(つまりは中身の娘にとっては父親)との関係が問題になったりするけれど、あまり変化はなかったようだし……。

 丸純子も脇役で顔を出していて、バーのママというちょっとケバい感じの役柄を見せている。


『ジムノペディに乱れる』 ロマンポルノ再び

 『世界の中心で、愛をさけぶ』『ピンクとグレー』行定勲監督による初のロマンポルノ作。「日活ロマンポルノ」リブートプロジェクトの1作。

ジムノペディ

 ロマンポルノに色々と制約があるのは知っていたのだけれど、「10分に1回絡みのシーンを作る」「7080分前後の上映時間」「全作品が同じ製作費」「撮影期間が1週間程度」という、かなり厳しい条件があったことまでは知らなかった。今回の『ジムノペディに乱れる』もそんな条件のもとで製作されたからだろうか、無理やりに絡みのシーンが挿入されてくるようでかえって苦労している感じがした。

 今ほどポルノが氾濫していなかった時代にはそうした条件が目玉となったのかもしれないけれど、今ではネットでいくらでもそんなものは転がっているわけで、絡みの部分が足かせになっているようにも思えた。

 

 芦那すみれ岡村いずみをはじめとする女優陣は皆さんきれいで、当然のことながら脱ぎっぷりもいい。絡みのシーンとなるたびにジムノペディが流れるという律儀な展開はだんだんと笑えてくる感じもするものの、劇場内に笑いが漏れることはなかった。主人公の映画監督・古谷慎二(板尾創路)が背負っているものはそれなりに重く、事故で入院中の妻のために金策に走ったりしつつ映画を撮ろうとしているわけだけれど、映像としては陰鬱な感じはほとんどない。

 日の光をふんだんに取り入れた撮影は行定監督らしい部分なのかもしれないけれど、わざわざ行定監督が参加する必要があったのかともちょっと思わないでもない。本当に撮りたかった脚本はなぜか却下されたようだし、あまり気が乗らなかったのだろうか。もともと行定監督のラブシーンってあまり印象にないのだけれど、威勢がよかった『GO』でも柴咲コウの初体験シーンはひどく凡庸だったと思うし、ロマンポルノという枠組みに合う人と合わない人がいるのかもしれない。


『無伴奏』 懐かしいあの時代?

 原作は直木賞作家の小池真理子の同名小説。

 監督は『三月のライオン』などの矢崎仁司

無伴奏

 冒頭で成海璃子が黒板前で脱ぎ始める。下着姿になって訴えるのは制服廃止運動で、時代は全共闘運動華やかりしころだとわかる。それにしてもなぜ今になってこの時代なのかはよくわからない。原作者は自らの青春時代をなぞっているだけなのだろうが、この時代はちょっと特別な感じもしてわかりづらいような気もする。

 “革命”という熱狂が本当にあったのかどうかはその後に生まれた人間としては未だに理解に苦しむところがあるし、登場人物たちもマルクスを読んでるわけでもないし、その当時人気だった高橋和巳や吉本隆明よくわからないと正直に告白しているから流行り病みたいなものだったのかもしれない。

 それまでの体制をつぶそうとするような行動は親世代にしてみたら、「全員逮捕して銃殺刑にすればいい」という唾棄すべきものなのだろうし、後続世代からしても賑やかなところに羨望を覚えたりはするかもしれないけれどやはり理解しにくいんじゃないだろうか。「ゲバルト・ローザ」とか言われてもその世代の人以外の誰が理解するんだろうかと心配になったりもした。

 

 そんなわけでその時代の若者たちの群像劇だと勝手に推測していると実はまったくそんなことはなく、学生運動は単なる背景でしかなかったようだ。その世代の作家三田誠広はあの時代は暗い顔をしているほうがカッコいいと思われるようなところがあったとどこかで記していた。主人公・響子(成海璃子)の恋人となる渉(池松壮亮)も暗い表情をしているのだが、彼の悩みはエリートが日本社会を憂う類いものではなくてごく個人的なものに過ぎない。

 というかこの作品は原作者の自伝的な小説らしいのだが、かなり色々詰め込みすぎているようにも思えた。結局は恋愛の話になっていくのはいいとしても、近親相姦やホモセクシャルとかが出てきたかと思えば、人間関係のトラブルから殺人だとか自殺だとか、ひっちゃかめっちゃかなのだ。自伝的だというのは無茶苦茶な展開を理由付けするためのものなんじゃないかと思えるほどだった。本当にそうした時代を過ごしてきたのだとすればすごいことだけれど、結局のところラストの印象としてはあのころが懐かしいといったものしか残らないような気がする。

 成海璃子がベッドシーンでもあまりに不自然なくらいに胸を死守するのは、のちに登場する男同士のベッドシーンが強烈になるような配慮なのだろうか。覗きをする斉藤工のじっとりとした目付きがとてもよかった。

ギャラリー
  • 『ウィッチ』 アニヤ・テイラー=ジョイの出世作
  • 『ゲート・トゥ・ヘヴン』 無国籍なファンタジー
  • 『下衆の愛』 映画というクソみたいな女にはまる
  • 『PARKSパークス』 橋本愛による吉祥寺十題噺
  • 『雪女』 見どころは雪女の熱いラブシーン?
  • 『雪女』 見どころは雪女の熱いラブシーン?
  • 『オトナの恋愛事情』 どちらが気楽にセックスできるか
  • 『母の恋人』 懐かしの顔だけれどちょっと気恥ずかしい
  • 『誘惑は嵐の夜に』 母と娘の入れ替わりコメディ
最新コメント