サイの角のように 独りよがり映画論

映画について自分勝手な感想の備忘録。ネタバレもあり。 ほかのブログから引っ越してきました。

『イット・フォローズ』 セックスしなければ死ななかった?

 低予算ながら海外では結構な評判となっていた作品。

 今年1月に劇場公開され、7月にソフトが登場したばかり。

 監督はデヴィッド・ロバート・ミッチェルで、この作品が長編2作目とのこと。

main_large

 19歳のジェイ(マイカ・モンロー)は新しい彼氏のヒューと初めてセックスしたあとに、気がつくと車椅子に縛り付けられている。これはヒューの仕業で、ヒューは“何か”をジェイにうつしたと言う。その“何か”はジェイのことを追ってゆっくりと歩いてくる。そのときはたまたま裸の女性だったが、“何か”は何にでも姿を変えられるのだという。ヒューは“それ”が怖ければ、セックスをして誰かにうつせと忠告する。“それ”にジェイが殺されると、次のターゲットはまたヒューに戻ることになるからだ。ジェイは果たして“それ”から逃げることができるのか。

 

 ホラー映画では殺人鬼が狙われる若者たちは羽目を外している者たちから順番に殺されて行くのが定番だ。これはホラー映画なりの倫理観なのかもしれないのだけれど、この映画の場合、“それ”がセックスによって感染するということから、最初はエイズのような病いのメタファーなのかと話題になったようだ。監督は「そうしたメタファーを込めてはいない」と否定しているようだが、“それ”が何なのかをどうしても考えてしまうような謎めいた作品となっている。

 冒頭の住宅地を女の子が逃げ回るあたりはジョン・カーペンター『ハロウィン』を思わせたりもするし、カメラワークも結構凝っていて“それ”がゆっくりと迫ってくる雰囲気をよく出していたと思う。

 

 色々な人が“それ”について解釈しているわけだけれど、ぼくには“それ”が人間が決して逃げることのできない“死”なのだろうと思えた。ある女の子が呼んでいる本はドストエススキー『白痴』であり、この映画内では主人公のムイシュキンが死刑を命じられ、死ぬ直前に恩赦で救われるという場面が朗読される。この出来事はドストエフスキーが実際に体験したことであり、死の存在を強烈に意識さぜるを得ない状況で、わざわざこの場面を朗読させるのはやはり死というものがモチーフにあるのだろうと思う。

 

 それではセックスと死がどうして関係しているのか。「生と死」というコントラストからすれば、生きることは当然のごとく死につながるわけだから、セックスという行為は“生”の誕生へとつながるわけで当たり前だとも言えるかもしれない。

 しかし、こんなふうにも考えられるかもしれない(以下は『自我の起原』という本に影響されている)。生物学などの知見によれば、たとえばアメーバーのような無性生殖の場合、個体は分裂することでまったく同じふたつの個体になるわけだから、ほとんど不死のようなものだ(もちろん何らかのアクシデントで個体が死ぬ場合もあるけれど、分裂したもうひとつの個体が残っていれば問題ない)。あるいはほかの例を挙げれば、マンガ『ドラゴンボール』のピッコロ大魔王。ピッコロは死ぬ直前にすべてを新ピッコロに託して生まれ変わる。ここでも個体はほとんど不死に近いと言えるかもしれない。

 しかし、人間や多くの生物もそんなことは不可能だ。なぜかと言えば、われわれ人間は有性生殖だからだ。オスとメスの遺伝子を組み合わせることで環境に対する選択肢は増え、生物種として生き残る可能性は増したのかもしれない。しかし一方で個体は必ず死に至ることになる。生物は無性生殖のときは個体はほとんど不死に近かったのに、有性生殖を選んだことで必ず死という運命を背負うことになったわけだ。


 そんな意味でもこの映画でセックスをすると死に近づくというのはわからないでもない。そんなことを何となく感じさせたりもする映画なのだ。ジェイを守ろうとする幼馴染のポール(キーア・ギルクリスト)はジェイを守るためにジェイと寝ることを望む。というか、もともといつもジェイのことばかり見ているストーカーみたいな子だったわけで、“それ”がきっかけになってジェイと寝ることができたわけで彼にとっては好都合だったのかもしれない。死を超えてでもセックスはしたいといういじましさ。ラストでジェイとポールが手をつないだ向こう側に“それ”らしきものが見えるのがやはり怖い。


『二重生活』 みんな覗きが大好き

 原作は小池真理子の同名小説。

 監督の岸善幸はテレビマンユニオンで演出家、テレビプロデューサーをやっていた人物で今回が初の映画作品。

199397

 大学院の哲学科で修士論文を書こうとしている珠(門脇麦)は、インタビューや調査票などの手法で実存哲学をやろうと模索するのだが、教授(リリー・フランキー)にはそれは心理学や社会学の手法であって哲学ではないと諭される。困り果てる珠に教授は「理由なき尾行」をやってみないかと提案する。

 ルールは簡単で、ある人物を尾行して素行を調査していくのだが、対象となる人物とは決して接触してはならない。珠は恋人の卓也(菅田将暉)と住む家のベランダから見かけた石坂(長谷川博己)を街で偶然見かけ、興味を持って尾行を始める。石坂は妻と娘を持ち幸せな家庭生活を営んでいるのだが、その裏では不倫相手がいて、石坂を尾行していた珠は石坂が不倫相手と昼日中にビルの谷間でまぐわう様子を見てしまう。

 

 主役の門脇麦『愛の渦』という作品でかなりきわどい役柄を演じて話題になった。今回の珠という主人公は卓也という恋人がいながらも、哲学的関心からか石坂の尾行にのめりこみ、石坂のドロドロな不倫劇に巻き込まれることになってしまう。今回の門脇麦は露出はちょっとだけだが、素人探偵めいた尾行の様子が何とも可愛らしい。あれにハンチングでも被らせればマンガの素人探偵そっくりになっただろうと思う。

 ただ無理やり哲学的な深さを感じさせようとしているが難点だろうか。平穏な生活だけの人はいなくて、人は誰でも秘密を持っている。そんな秘密を共有する尾行という行為は実存哲学の残された可能性なのかもしれない。そんなことを珠は論文に書くわけで、リリー・フランキー演じる教授の存在も何らかの深さを出そうとしているようなのだが、いまひとつピンとこない。

 人のことを尾行してその秘密を知るという行為はそれだけでスケベ心をくすぐるものがあるのだから、哲学なんて持ち出さなくてもよかったんじゃないかという気がする。石坂を覗く珠も誰かに見られていることを意識するのだが、そうした全ては観客に見られているわけで、一番覗きが好きなのは観客であるわれわれなのだから。


『別れた女房の恋人』 丸純子が年下のイケメンと……

 ラブストーリーズ」というシリーズの第2弾。

 公式ホームページによれば、第1弾から引き続いて6本が製作され劇場公開されたようだ。この別れた女房の恋人』は今月になってソフトがリリースされた。

 sub3_large

 主演の丸純子は今回の「ラブストーリーズ」第2弾の全6作品のうちの2本の主役を務めているらしい。それだけ人気があるということなんだろうと思う。年齢のことはともかくとして、とてもかわいらしいので人気のほどもわかるような気がする。

 丸純子演じる尚美はおにぎり屋さんを切り盛りする独身女性。夫とは10年も前に別れ、今ではいつもたらこおにぎりを買っていく青年・草太(塩澤英真)のことが気になっている。

 それまでは結構わびしい生活をしていたようだが、たまたま元夫の真人(春田純一)と再会してあれやこれやと飲んだりしているうちにホテルに入っていくところを草太に見られてしまう。尚美はよりを戻そうと迫る元夫と、気になっていた青年との間で揺れ動くことになる。

 

 物語は他愛のない三角関係もの。しかしこの作品を選んだ人の興味としては丸純子の裸に集中しているわけで、物語なんかはどうでもいいのかもしれない。前の作品『逢いびき』ではベッドシーンは最後まで出てこなかったけれど、今回は結構攻めている。豊かなおっぱいも熟したおしりもたっぷりと堪能できる。しかし何と言っても丸純子のキャラがとても愛らしいのが一番の見所だろうか。一回りも下の青年との恋も悪くはないけれど、腐れ縁みたいな元夫とのバカバカしいやりとりが微笑ましかった。

『ディアーディアー』 リョウモウシカとは何の象徴?

 監督の菊地健雄は映画界での下積みが長いらしく、公式ホームページでは多くの監督たちからのコメントが寄せられている。ついでに言えば、ゲスト的な役柄で染谷将太菊地凛子の夫婦も顔を出しているのも見物。

 ちなみに題名は「dear deer」。昔初めて『ディア・ハンター』を観たころは、「親愛なるハンターさん」と勘違いしたのを思い出した。


 群馬県を舞台にした作品。

 同じく北関東を舞台にした『ローリング』『お盆の弟』とともに北関東3部作とか呼ばれることもあるのだとか。茨城県を舞台にした『ローリング』もそうだったのだけれど、町自体が停滞した感じでどことなく住人にも倦怠感が感じられる。ヤンキーばかりのイメージな北関東。けれども実際にヤンキーに交じってごく普通の人もいなくもない。ただヤンキーと同じで何かしら鬱屈は抱えている。そんな感じが北関東という舞台にはよく出てるのかもしれない。

 5d9477dff8ad764f5f9ee5d78cb001ee

 父親が危篤となり、地元を出ていた妹と弟を迎える長男。

 父親から工場を受け継ぎ地元のしがらみにもがんじがらめになっている長男・富士夫(桐生コウジ)と、精神的にとても不安定でトラブルメーカーの次男・義夫(斉藤陽一郎)、そんな兄たちから逃げるように都会へ去っていた末娘の顕子(中村ゆり)はややアル中気味。

 その町ではかつてリョウモウシカという幻の鹿が発見されて、それは地元経済の起爆剤となるはずだった。一時はそれを町のシンボルにしようと画策して地域住民は盛り上がったわけだが、それは幻に終わることになる。騒動のきっかけを作ってしまった富士夫と義夫は父親と共に恥ずかしい思いをすることになる。義夫は未だに「ぜんぶシカのせいなんだ」という思い込みで過去に引きずられている。

 兄弟の誰もがちょっと壊れていて、通夜の場ではそれまでなだめ役だった長男の富士夫までキレまくって大喧嘩になってしまうあたりはなかなか笑える。それにしても幻のように現れては消えてしまうリョウモウシカとはいったい何のことなのだろうかとちょっと気になる。

 横顔が凛々しい主役の中村ゆりはスレンダーだけれど妙にエロいところがあった。ネットで検索してみると、あの斎藤工と噂されているのだとか。何となく「そりゃあエロくもなるか」などと納得。


追記:言い忘れたけれど、エンディングテーマを担当しているのは「森は生きている」というロックバンド。この映画の劇伴はそのバンドのリーダーが担当しているらしいのだが、即興的な演奏でとてもカッコいい。

『神様メール』 無茶苦茶な神様だけれどそんなものかも

 ジャコ・ヴァン・ドルマル監督の最新作。原題はTHE BRAND NEW TESTAMENT

 ジャコ・ヴァン・ドルマルと言っても、これまでに4作品しか撮っていないという寡作な人だけにあまり知られていないかもしれないが、カンヌ映画祭でカメラ・ドール賞を受賞した『トト・ザ・ヒーロー』は大好きな作品(「ブン!」という古臭い曲が耳から離れない)なので、劇場まで観に行ってきた。

main_large

 なんと神様はベルギーのブリュッセルにいたという設定。この神様(ブノワ・ポールヴールド)はパソコンで世界を動かしている。気晴らしに自分に似せて人間を創り、様々な災害を降り注いで鬱憤晴らしをしている。さらには変な法則――マーフィーの法則によく似ている――を作ってこの世界を生きづらくしているというとんでもない神様。

 とは言えこの神様は自分のことを「嫉妬深いの神」と呼んだユダヤ教の神(旧約聖書の神)とよく似ている。この作品ではイエスも登場する。イエスは主人公エア(ピリ・グロワーヌ)の兄という設定。2000歳以上も歳の離れた兄妹なのだ。キリスト教はイエスが神との新しい契約(新約聖書)を結んだことが始まりとなっているわけだが、エアはその契約をさらに更新して「新・新約聖書(THE BRAND NEW TESTAMENT)」を示すことになる。

 

 最初はなかなかテンポがいい。エアが神様に反旗を翻して、人間に決められた寿命をメールで知らせてしまうと、下界はちょっとだけ混乱に陥る。寿命にさらに先があると知ると、自殺を図るバカな男は何をやっても死ぬことはない(ひどい怪我を負ったりはするのだけれど)。

 しかしながら中盤以降の新たな使徒として集められる人々のエピソードがあまり弾けた感じがないのがちょっと残念なところ。カトリーヌ・ドヌーヴも登場するけれど、もったいない使い方。ただラストは心暖まる話になっていると思う。クソみたいな男の神様よりも女のほうが世界をうまく生きているというのは、人間と同様なのだろうと思う。

 『8日目』の主人公だったダウン症の男の子がちょっとだけ顔を出しているのが嬉しい。それでもそのエピソードはダウン症の人たちのシビアな現実を垣間見させるもので、『8日目』で描かれたことはあまり変わっていないのだろうと思わせる。

ギャラリー
  • 『雪女』 見どころは雪女の熱いラブシーン?
  • 『雪女』 見どころは雪女の熱いラブシーン?
  • 『オトナの恋愛事情』 どちらが気楽にセックスできるか
  • 『母の恋人』 懐かしの顔だけれどちょっと気恥ずかしい
  • 『誘惑は嵐の夜に』 母と娘の入れ替わりコメディ
  • 『ジムノペディに乱れる』 ロマンポルノ再び
  • 『無伴奏』 懐かしいあの時代?
  • 『再会-禁じられた大人の恋』 熊切あさ美の主演作品
  • 『歌声にのった少年』 アラビアン・サクセス・ストーリー
最新コメント