サイの角のように 独りよがり映画論

映画について自分勝手な感想の備忘録。ネタバレもあり。 ほかのブログから引っ越してきました。

『ルーム』 アカデミー賞主演女優賞受賞作だが

 小さな部屋に母親と子供が暮らしている。天窓がひとつあるだけで外は空しか見えない。子供は髪が長いが実は男の子で、その部屋以外の世界はないものと考えている。テレビはあるのだけれど、テレビは偽物の世界であり、本当の世界は小さな部屋だけと信じている。

 実はこの部屋は母親であるジョイ(ブリー・ラーソン)が監禁されている場所なのだ。夜になるとやってくる男がジョイを突然誘拐し、それから生まれた子供がジャック(ジェイコブ・トレンブレイ)なのだ。

 日本ではちょっと前に似たような事件があり、犯人も逮捕されたことからなかなかタイムリーな映画となった。

brie-larson-and-jacob-tremblay_large

 こうした映画では囚われの女性が脱出するところが山場となり、家族と再会したところで大団円を迎えるというのが普通だと思うが、この映画はその先を描いている。家族のもとに帰って社会復帰するところにこそ本当の闘いが待っているというあたりはとてもリアリティがある。実際に映画ではジョイの父親は、娘を誘拐した犯人の息子でもあるジャックを受け入れることができないわけで、そうした厄介な問題を多く孕んでいる。

 けれども色々と盛り込みすぎた感じもある。小さな部屋だけの世界の描写、それから脱出のサスペンスがあり、さらに社会に戻ってからの新たな闘いがある。家族と再会する場面などは泣かせるのだけれど、立ち直りまでに至るところはそれほど説得力があったとは思えなかった。

 母親はジャックがゾンビ状態と呼ぶところの鬱になるときがあって、それも理解できるほど色々と問題を抱えているわけで、最後は前向きで頑張ろうといった終わり方だったところが妙にリアリティを欠いている気がした(多分そうしないと劇映画としては終われないんだろうけど)。

 

 『ショート・ターム』で有名になったブリー・ラーソンは、この作品でアカデミー賞主演女優賞を獲得したけれど、圧倒的にいいとは思えなかった。同じような題材の『白い沈黙』では誘拐された少女が妙にハツラツとしているのが妙だったけれど、『ルーム』のブリー・ラーソンはいかにも疲れた印象で、子供を守るためか表情は仁王のようにこわばっている。誘拐犯のお眼鏡に適う少女なのだから可憐なところがあってもよさそうなのだが、そんな側面は微塵も感じられなかった。母親になってそうしたところは失われたのかもしれないけれど……。

 本当の世界に初めて対面することになるジャックを演じたジェイコブ・トレンブレイはとてもかわいらしくてよかったと思う。


『ゴッド・ヘルプ・ザ・ガール』 エミリー・ブラウニングが妙に気になる

 人気バンド、Belle and Sebastianスチュアート・マードックが、ソロアルバムを映画化したミュージカルとのこと。

 イヴという拒食症の女の子が主人公(エミリー・ブラウニング)。やがてイヴはジェームズ(オリー・アレクサンデル)とキャシー(ハンナ・マリー)という女の子と一緒にバンドを結成することになる。

20150808010750

 ぼく自身はどちらかと言えば野暮ったいハードロックなんかを聴いていた世代で、映画で言えば『ロック・オブ・エイジズ』なんかがとてもぴったりとくる感じなのだけれど、あまりよくは知らないBelle and Sebastianの音楽もとても沁みるものがある。ベスト盤みたいなアルバムは『フルキズ・ソングス』という題名で日本でも発売されていて、どちらかと言えば内向的でナイーヴな感覚の曲が多いのだろうと思う。

 ヴォーカルも務めるスチュアート・マードックのささやくような歌い方も印象的だし、どの曲もとても心地よくて聴けば聴くほど沁みる。この『ゴッド・ヘルプ・ザ・ガール』の曲は結構暗い曲も多いのだけれど、ミュージカルということもあって青春映画らしい楽しさもあるし、どの曲もとても心地いい。

 主演のエミリー・ブラウニング『エンジェル・ウォーズ』の主役だった女の子。妙にブサイクに見える瞬間もあるのだけれど、オシャレな衣装の着せ替え人形のように登場するところはかわいらしいし、歌声もとてもいいし個人的にはとても気になる。



『女が眠る時』 川端康成ほど変態ではなかった

 『スモーク』ウェイン・ワン監督の最新作。原作は海外のものだが、日本を舞台となっていてお馴染みの顔ぶれが登場する。

 健二(西島秀俊)は作家だが次の作品が書けないまま。編集者の妻・綾(小山田サユリ)に連れられてきた伊豆のホテルで健二がのんびりとしていると、親子ほども歳の離れたカップルが目に留まる。男は白い水着を着た若い女にオイルを塗ってやっている。健二は作家としての興味が沸いてふたりを追うことになる。次第にその執着は度を越していき、部屋を覗き見し、さらには部屋に侵入するまでに……。

hqdefault

 佐原という男(ビートたけし)は美樹(忽那汐里)という女の眠る姿をビデオに撮っている変態オヤジである。川端康成『眠れる美女』を思わせるのだけれど、変態度合いは名高い変態である川端ほどではない。佐原は健二に覗かれていることを知っているし、撮影したビデオを健二に見せたりもするのだが、一緒にビデオを見ているときの佐原の息が荒いのは、健二に見せることで興奮しているというよりも、演じるたけしの肥満度合いのがそうさせているだけに見える。もっと変態度合いを深めてもよかったように思う。

 忽那汐里はそれなりに魅力的だけれど『黒衣の刺客』ほどではないし、しゃべり出すとひどくバカな女に見えてしまうのが残念なところだろうか。ベッドにシャツだけで横たわり佐原に撮影されたり、下着姿にまではなったりするもののギリギリのところは守っている。

 一方で妻の綾を演じた小山田サユリは、健二を演じる西島秀俊の鍛えられた身体に裸で跨って、股間に手を入れたりしてサービス満点である。一部の解釈では綾がすべてをセッティングしていたという説もあるようだ。次の作品が書けない夫にインスピレーションを与えるため怪しげな男女を用意して覗きをさせ、妻の浮気まで疑わせることで作家である夫を揺さぶって書くべき題材を与えようとしていたという……。たしかにそんなふうに解釈できなくもない。ただ、それだったら健二の知らないところで綾の笑みを観客に見せたりしそうな気もするからちょっと違うかもしれない。

 どこまでが現実でどこまでが作家の妄想なのかは明らかではないけれど、こんな妄想が次作になったとすると小説家としての健二の将来はあやしい気がする。


『シェル・コレクター』 前衛的なのはともかくとして橋本愛を

 盲目の貝類学者(リリー・フランキー)は沖縄の孤島で貝を収集する日々を過ごしている。ラジオから聞こえてくる世界の様子は終末へ向かっているようにも感じられるが、その島は美しい海と静かな生活があった。そんなときひとりの女が島に漂流してくる。いづみという女は世の中で流行り出している奇病に侵されているのだが、貝類学者が見つけてきたイモ貝という貝の毒にやられて病を完治する。するとその噂を聞きつけた奇病の患者たちが島にやってくるようになって……。

Ca2uVSwUYAABt-F

 世界は不思議に満ちている。貝類は昆虫類に次ぐ種類を持つそうだが、どうしてそんな様々な形態を持つのか誰にもわからない。海の底のサンゴの美しさとか、巻貝のらせん形状とか世界には謎ばかり。この映画も謎を謎として提示しているようで前衛的なものを感じさせる。昔観た『アンモナイトのささやきを聞いた』という作品を思い出した。

 寺島しのぶ演じるいづみは貝の毒にやられると死に掛かって走馬灯というか何かしらの幻影を見る。その何だかよくわからない幻影の描写がとてもひとりよがりなものに感じられた。何だかわからないけれどスゴイだろみたいな感じだろうか。その押し付けがましさはいづみが貝類学者の押しかけ女房として振舞う感じともよく似ているような……。

 個人的にはお気に入りの橋本愛が巫女さんのような雰囲気で登場するところが眼福で、それだけでも観る価値はあるとは思うが、全体的には前衛風味が鼻についた。


『ベルファスト71』 住宅街という戦場

 ロッテン・トマトで97%という満足度をたたき出した作品。

 監督はこの作品がデビュー作となるヤン・ドマンジュ

 news_header_71_1

 1971年のベルファスト。アイルランドのプロテスタントとカトリックの対立はこれまでも色々な映画が取り上げてきた題材だが、この作品はそんな戦場の場所に取り残されてしまったイギリス軍の一兵士のサバイバル・ドラマとなっている。99分があっという間という感じだった。

 住民を安心させるという名目でヘルメットや盾もなしでベルファストの中心地に降り立つイギリス軍。占領されたと感じている住民たちは彼らに非難の声を浴びせる。そうこうしているうちに暴動へと発展し、ゲイリー(ジャック・オコンネル)は住民のなかに取り残され同僚の兵士は住民のひとりに銃殺される。

 スピーディーな追いかけっこから始まって、暴動が起きた夜をこっそり逃げ回るサスペンス、IRA内部の抗争なんかにも巻き込まれて両方から命を狙われる始末でとにかくハラハラとさせる映画だった。

 イギリス軍の上層部は平服でスパイみたいなことをしていて、IRA穏健派とつながって様々な策を練っている。IRAの過激な活動をしている暫定派のひとりを逃がしていることからもイギリスが裏で紛争を操っているらしいことも見て取れる。大国のやりたい放題は恐ろしいものがある。

 同じ時期にDVDがリリースされた『ゴッド・ヘルプ・ザ・ガール』でも、この作品と同じように「デヴィッド・ボウイは女の子向け」という台詞があるのがおもしろい。向こうのイメージでは女の子向けという印象なんだろうか。

ギャラリー
  • 『下衆の愛』 映画というクソみたいな女にはまる
  • 『PARKSパークス』 橋本愛による吉祥寺十題噺
  • 『雪女』 見どころは雪女の熱いラブシーン?
  • 『雪女』 見どころは雪女の熱いラブシーン?
  • 『オトナの恋愛事情』 どちらが気楽にセックスできるか
  • 『母の恋人』 懐かしの顔だけれどちょっと気恥ずかしい
  • 『誘惑は嵐の夜に』 母と娘の入れ替わりコメディ
  • 『ジムノペディに乱れる』 ロマンポルノ再び
  • 『無伴奏』 懐かしいあの時代?
最新コメント