『さんかく』『ばしゃ馬さんとビッグマウス』などの吉田恵輔監督の作品。昨年末に劇場公開され、先月、DVDが発売された。

poster2.jpg

 兄(松田龍平)とふたり暮らしをしている麦子(堀北真希)の家に、母親の彩子(余貴美子)が帰ってくる。彩子はふたりを捨てて家を出て行ったのだ。母親との生活が始まるわけだが、捨てられたという過去からか関係はうまく行かない。麦子は「あんたを母親だなんて思ってないから」とまで口走ってしまうが、そうこうするうちに彩子は病気で死んでしまう。そんな母親のお骨を持って地元の町に帰省すると、麦子は人気者だった彩子のように歓迎されることになる……。

 親と子の関係を描く、取り立てて驚くべきことはない映画だけれど、やはりとてもよく出来た映画だったと思う。誰も好き好んで親不孝をするわけではないのだけれど、なかなか親孝行は難しい。結局「親孝行したい時には親はなし」なんて言葉通りになってしまうことも多いのかもしれない。麦子の場合もそうで、自分の心に素直になることが出来ず、母との最後の日々を後悔とともに振り返ることになる。
 
 彩子がアイドルを目指していたという部分は、麦子自身が声優を目指していることと重なっている。麦子が素直になれない部分は、部屋に泊めてくれたミチル(麻生祐未)にダブる。ミチルは会いたいけれども子供に会えないという点で、友人だった彩子の立場と同じだ。麦子としてはミチルが彩子と重なって、自分の親不孝な態度を差し置いてミチルに酷い言葉を投げかけてしまう。そんな麦子の親不孝な部分は、旅館の馬鹿息子とも同じで、麦子は地元で母親・彩子を知る人たちと触れ合うことでその人の欠点に気づき、そのことで自らを反省する。ほかの登場人物も麦子と会うことで、自らの姿に気づくことになる。
 こんなふうに登場人物が相対化されていく感じがこの映画にもあって、それは「人の振り見て我が振り直せ」的な教訓としても役に立つかもしれない。なかなか自分の欠点に気づくことは難しいし、わかっていてもそれを直すのはもっと厄介なものだから。わかっていても何だかんだ泣かされる映画である。