レア・セドゥの主演作。監督はレベッカ・ズロトヴスキという女性で、ふたりのコンビで『美しい棘』という作品もあるらしい(ちょっと観てみたい)。

 この『グランド・セントラル』は原発の作業員たちの話。日本でも“原発ジプシー”などと呼ばれ、全国の原発を回り点検作業を行う作業員はいるらしく、同名の本も出ている。この映画の舞台はフランスだが、フランスでも原発の作業員たちは底辺の生活なのがよくわかる(主人公のギャリーは無一文で原発にやってくる)。原発のシーンにリアリティがあるのかはよくわからないけれど、実際にあんな場所で命を削るようにして働く人がいることは確かなのだろう。

a0212807_210037

 ギャリー(タハール・ラヒム)は原発で働くことになると、同僚トニの恋人キャロル(レア・セドゥ)のことを好きになってしまう。キャロルは打算があってギャリーに近づいたものの、次第にそれは本気のものになってしまう。キャロルと離れたくないギャリーは、放射線量の限度を超えて危険なのにも関わらず、周囲を騙してまでも原発での仕事を続けようとする。

 この作品製作のスタートは福島の事故の前からで、事故に誘発されたわけではないようだ。ただ作品中に「福島」という言葉も出てくるから、一部変更はされているのだろうと思う。だからもともとの出発は原発の危険を訴える作品というよりも、原発が何らかの危機とか不安を煽る象徴として導入されているのかもしれない。

 原発作業員のような底辺の生活はいつまで続けられるかわからない。事故で放射線を多く浴びれば、原発の仕事から締め出されるし、大事故ともなれば死ぬこともあり得る。そんな先の見えない生活の不安が「原発」という形で描かれているようにも思えた。レアが演じるキャロルは自分で作った粗末なウェディングドレスで結婚式を挙げるのだが、その表情には明るさはない。その先を暗澹たるものと感じているのかもしれない。

 a0212807_221219

 『グランド・セントラル』でのレアは、『アデル、ブルーは熱い色』みたいなレズビアン風な装い。というかカッコいいオナベみたいな雰囲気でもある。ボディースーツと呼ぶ水着みたいなものにショートパンツという格好は、同時期にDVDが登場した『美女と野獣』のドレスとは対照的だ。しかもこの映画ではその白い胸を何度も露わにさせているから、そんな意味でも楽しめる。

 同僚トニを演じたドゥニ・メノーシェはリノ・ヴァンチュラみたいな雰囲気でよかったし、『息子のまなざし』のオリヴィエ・グルメも顔を出しているのも嬉しい。