887f2088

 『自分の事ばかりで情けなくなるよ』クリープハイプの尾崎世界観とコラボレートしていた松居大悟監督の最新作は、クリープハイプのファンの女の子たちが主人公。クリープハイプに「東京のライヴも」と誘われたから実際に行くことにしたという無鉄砲な4人組。女子高生たちが自転車で北九州から東京までを疾走するというロードムービーだ。

 松居大悟監督は『スイートプールサイド』以来気になっていて、『ワンダフルワールドエンド』もとてもよかったので、これまでの作品はすべて観てみた。ちょっと前に出た本『さあハイヒール折れろ』なんかも読んでみたのだが、どうやら松居監督の映画の主人公は監督本人によく似ている(原作が別にある場合もあるけれど)。

 上記の著作(ネットで連載していたもので、こちらでも読める)によれば、松居監督はまさに『アフロ田中』みたいな童貞キャラをネタにしていた模様。結局、その本の最後の対談では童貞は卒業してしまったことも明らかにされているのだが、だからなのかどうかわからないけれど『私たちのハァハァ』は意外にもまっとうな青春映画になっている。言い換えれば童貞のこじらせ感がなく、真っ直ぐな女子高生の青春物になっているのだ。

 主役の4人は皆それぞれにキャラが立っていてよかったと思う。上のスチールの向かって左から紹介すると、大関れいかは6秒動画とかで人気とかでこの映画でもカメラ慣れしている印象でおもしろい存在。井上苑子はちょっと不良っぽい外見だけれど、声がかわいらしい(実際にシンガーソングライターだとか)。真山朔は一番普通の女子高生らしくてとてもかわいい(ちょっと夏帆っぽく見える瞬間も)。三浦透子は唯一演技経験があるとのことで、クリープハイプにはまってちょっと狂気に陥る難しい役どころを演じている。最初は自分たちのカメラで旅を撮影しているという設定になっているからか、ごく自然な4人の旅の様子が捉えられていたと思う。

 『自分の事ばかりで情けなくなるよ』では第2話のクリープハイプのアンコールに間に合って涙するOLのエピソードが良かったのだが、『私たちのハァハァ』もそれに似た場面もある。ただ結末はちょっと違う。やはり青春ってそんなものだよねというところだろうか。