ミンジュというタイトルロールの女子高生は冒頭であっという間に殺されてしまう。ミンジュを殺した男たちは誰かに依頼されて殺したものらしい。場面は変わって、ミンジュを殺した男たちの一人(キム・ヨンミン)が迷彩服の男たちに拉致されて拷問を受けることになる。ミンジュの敵討ちなのか、謎の集団はミンジュを殺した男たちを一人ずつ拷問にかけることになる。

145119775786004880179

 冒頭の展開が早いのはギドク風である。それから7度の拷問シーンが続いていくのだが、ギドクは「韓国の歴史のトラウマを7つのチャプターを通して描いて」いると語っている。韓国の歴史をよく知らないからわからないのだが、ミンジュという女の子の名前は「民主主義」を意味しているわけで、ギドクは韓国での民主主義のあり方を嘆いている。

 怒りが感じられる部分もあるのだけれど、初期のころの個人的な恨みというよりは社会的な問題について頭で考えましたという印象が強い。ギドクも成熟してきたのかもしれないけれど、その分激しい感情的な部分が見えずもの足りないような気もする。

 

 この作品はギドク初めての2時間超えの作品だ。その作品を10日間の撮影で仕上げているというのはすごいことだが、結構、粗が目立つ。レストランの場面では、テーブルが映されるたびにそこに置かれている料理が変化したりというミスをしている。

 撮影監督はギドク本人ということであまり凝った画面はない。『嘆きのピエタ』のときも素人っぽい撮影監督だったわけだが、それすらも面倒で自分でやってしまうということらしいのだが、そんなに予算がないのだろうかとかえって心配にもなる。

 DV男とその恋人のベッドシーンでは、キム・ヨンミンのおしりが何度もしつこく映される。昼は乱暴な男だけれど、夜はそんな男が欲しいんだろう、そんなことを言いそうなシーンだからわざとやっているのかもしれないけれど、おしり以外にもカメラを向けるところがあるだろうと思うのだが……。