園子温の最新作。オリジナル作品としては『希望の国』以来の作品。モノクロ(一部カラーもあり)でとても静かな作品。

 最近はバカ騒ぎばかりの作品が多かったのは、結婚もして雇われ監督として金を稼ぐつもりなのかと思っていたのだが、ここに来てオリジナル作品をシオンプロダクションの第一弾として、しかも娯楽を廃した芸術作として発表してきた。

sonosion03

 現在、宇宙は機械によって支配され、人工知能を持つロボットが8割を占めるのに対し、人間は2割にまで減少している。アンドロイドの鈴木洋子は、相棒のコンピューターきかい67・マーMと共に宇宙船に乗り込み、星々を巡って人間の荷物を届ける宇宙宅配便の仕事をしていた。ある日、洋子は大きな音をたてると人間が死ぬ可能性のある「ひそひそ星」に住む女性に荷物を届けに行くが……。(映画.comより引用)

 

 ぼくがこの映画を観た日には上映終了後には、園監督の奥様であり主演を務めた神楽坂恵さんと、園監督のドキュメンタリーを撮った大島新監督との対談があった(ちなみに大島新さんはあの大島渚監督の息子さん)。

 神楽坂さんの本名は「園いづみ」だとか。園作品で「いづみ」という女性が主人公になりがちだったのは、園監督の母親が「いづみ」であったことでもあり、のちに奥様となる神楽坂恵さんも「いづみ」だったかららしい。そんな神楽坂さんはイベントではすっかりプロデューサーの雰囲気だった。

 この作品は園監督にとって大事な作品で、それを新会社の第一弾として近しい人たちだけでつくることにも意義があったようだ。大島新監督もこの時代にこうした作品がつくられるのは貴重なことと語っていた(この作品は『希望の国』と同じように福島の風景を捉えた作品でもある)。

 ただ一方で作品の感想としては「好みが別れるだろう」といったことも語っていて、ぼくも個人的には朦朧としながら観終わったというところ。本当に何も起きないのだ。水道の蛇口から水が滴るだけで1日が過ぎるとか、本当にミニマルな映画なのだ。

 静かな宇宙船の雰囲気とか、火をかかげながら歩き回るシーンなどあちこちでタルコフスキーを意識させる。タルコフスキーも眠りを誘う部分があるけれど、一度ぐっすり寝たあとにもう一度チャレンジするととてもその良さがわかる作品なのかもしれない。神楽坂さんは火をかかげながら歩き回るシーンで久しぶりに園監督に怒られたそうで、そんな意味でも園監督の本気度がわかるエピソードだった。園監督は意外と役者を追い込むばかりではないようだ。

 この作品は25年前に構想した作品とのこと。『ラブ&ピース』もかつてのアイデアの蔵出しという部分があるようだが、過去を整理した園子温がどこへ向かうのかはやはり気になるところではある。