監督の菊地健雄は映画界での下積みが長いらしく、公式ホームページでは多くの監督たちからのコメントが寄せられている。ついでに言えば、ゲスト的な役柄で染谷将太菊地凛子の夫婦も顔を出しているのも見物。

 ちなみに題名は「dear deer」。昔初めて『ディア・ハンター』を観たころは、「親愛なるハンターさん」と勘違いしたのを思い出した。


 群馬県を舞台にした作品。

 同じく北関東を舞台にした『ローリング』『お盆の弟』とともに北関東3部作とか呼ばれることもあるのだとか。茨城県を舞台にした『ローリング』もそうだったのだけれど、町自体が停滞した感じでどことなく住人にも倦怠感が感じられる。ヤンキーばかりのイメージな北関東。けれども実際にヤンキーに交じってごく普通の人もいなくもない。ただヤンキーと同じで何かしら鬱屈は抱えている。そんな感じが北関東という舞台にはよく出てるのかもしれない。

 5d9477dff8ad764f5f9ee5d78cb001ee

 父親が危篤となり、地元を出ていた妹と弟を迎える長男。

 父親から工場を受け継ぎ地元のしがらみにもがんじがらめになっている長男・富士夫(桐生コウジ)と、精神的にとても不安定でトラブルメーカーの次男・義夫(斉藤陽一郎)、そんな兄たちから逃げるように都会へ去っていた末娘の顕子(中村ゆり)はややアル中気味。

 その町ではかつてリョウモウシカという幻の鹿が発見されて、それは地元経済の起爆剤となるはずだった。一時はそれを町のシンボルにしようと画策して地域住民は盛り上がったわけだが、それは幻に終わることになる。騒動のきっかけを作ってしまった富士夫と義夫は父親と共に恥ずかしい思いをすることになる。義夫は未だに「ぜんぶシカのせいなんだ」という思い込みで過去に引きずられている。

 兄弟の誰もがちょっと壊れていて、通夜の場ではそれまでなだめ役だった長男の富士夫までキレまくって大喧嘩になってしまうあたりはなかなか笑える。それにしても幻のように現れては消えてしまうリョウモウシカとはいったい何のことなのだろうかとちょっと気になる。

 横顔が凛々しい主役の中村ゆりはスレンダーだけれど妙にエロいところがあった。ネットで検索してみると、あの斎藤工と噂されているのだとか。何となく「そりゃあエロくもなるか」などと納得。


追記:言い忘れたけれど、エンディングテーマを担当しているのは「森は生きている」というロックバンド。この映画の劇伴はそのバンドのリーダーが担当しているらしいのだが、即興的な演奏でとてもカッコいい。