誘惑は嵐の夜に

 ラブストーリーのシリーズ第2弾のなかの作品

 大ヒット中の『君の名は。』でも取り上げられている入れ替わりが題材となっているコメディ。ここで入れ替わるのは母と娘。母・佐和子を演じるのは高樹澪で、娘・康子は石川優実。入れ替わり方もじゃれあっているときに落雷があってというベタな設定なのがかえって笑える。

 このシリーズだからベッドシーンはもちろん見せ場となっているのだが、その役目は石川優実のほう。高樹澪は娘と身体が入れ替わってしまったあとに、鏡の前で下着姿となってその身体を確認するシーンがあるくらい。

 石川優実演じる康子のほうは何度かベッドシーンがあるのだが、中身が入れ替わってからは身体は康子でも中身は母親・佐和子という設定だから、中身の佐和子は若い肉体を利用してよく知りもしない男性とエッチをしてしまったりする。

 母親としてはあり得ない行動だとは思うのだけれど、基本はコメディだからそんなものだろう。若い身体を取り戻すことはそれなりに歳を取った女性としてはそれだけ重要なことだったのかもしれない。母親の身体になってしまった康子のほうは、夫(つまりは中身の娘にとっては父親)との関係が問題になったりするけれど、あまり変化はなかったようだし……。

 丸純子も脇役で顔を出していて、バーのママというちょっとケバい感じの役柄を見せている。