サイの角のように 独りよがり映画論

映画について自分勝手な感想の備忘録。ネタバレもあり。 ほかのブログから引っ越してきました。

映画

『下衆の愛』 映画というクソみたいな女にはまる

 日本映画のあちこちに顔を出している渋川清彦が主演の作品。渋川清彦は最近では『アレノ』だとか『ソレダケ/that's itなんかでも印象に残っている。

  監督は『グレイトフルデッド』などの内田英治

 下衆の愛

  下衆な人は少なからずいるわけだけれど、この作品は映画業界における下衆な面々が登場人物となっていて、渋川清彦が演じるインディペンデントの映画監督テツオは40歳を目前にしつつも、未だニートのような状態で何とか映画を撮ろうとしている。それでもテツオはジョン・カサベテスのことを敬愛しているのだから志は高いのだろうと推測される。

  映画に対する愛はいいのだけれど、監督という権力を振りかざして新人女優に手を出そうとしたりもするし、女優も女優で「無駄に寝たりはしない」と枕営業をかける相手はきっちり品定めしてから臨んだりと、映画業界の下衆な面々のそれなりに愉快で悲しくもある日々を綴っていく。

  実際の映画業界がどんなものなのかは知らないけれど、この作品の登場人物はなかなか多彩な顔ぶれでそれだけで楽しい。映画業界の監督もプロデューサーも「うざくて嫌い」などとうぶなことを語っていたはずがいつの間にかに大物女優に化けることになるミナミ(岡野真也)とか、監督のテツオにいつも付き従っているのはテツオの作品が好きだからなのかと思っていると実は○○というマモル(細田善彦)とか、みんなキャラがおもしろかった。

  ちなみに公式ホームページのCAST欄はなかなか凝っていて、『パルプ・フィクション』とか『欲望』とか有名な作品をパロディにしてキャスト陣を紹介している。個人的には破天荒な映画監督というものに憧れてテツオに尽くすことになる女(山崎祥江)がかわいらしくて好み。

『母の恋人』 懐かしの顔だけれどちょっと気恥ずかしい

 ラブストーリーのシリーズ第2弾のなかの1本。

 主演の水島裕子は昔テレビで見たことのある顔。現在は50歳を超えているというからちょっとビックリ。

母の恋人

 居酒屋を営む小池涼子(水島裕子)は娘の美奈(佐々木心音)とのふたり暮らし。年頃の娘のことが心配でならない母・涼子は、美奈の留学希望を受け入れることができない。そんなとき美奈のボーイフレンドである北川幸太(菅原昌規)が涼子の居酒屋でバイトをすることになり……。

 幸太は最初は美奈と付き合っているわけだけれど、バイトしているうちに母親の涼子のことが好きになってしまうという展開。どちらにもベッドシーンが用意されているのだけれど、佐々木心音はなぜか必死になって胸を隠している。というのも後半で母親役の水島裕子のベッドシーンがあるからだろう。その前に『マリアの乳房』ではふんだんに披露している若い胸を見せないようにするという配慮が働いているらしい。といっても佐々木心音のおしりはとてもエロい。

 水島裕子の演技は正直とてもヘタなのだけれど、ベッドシーンは手馴れたもの。日本では熟年女性のラブシーンというのはあまり普段は見ないので、かえって新鮮なのかもしれない。熟女好きにはたまらないのかもしれないのだけれど、母親の裸を見るようで妙に気恥ずかしい感じもある。

 陽の光のもとで行われる水島裕子とのラブシーンでは、幸太を演じる男優のパンツがかなりモッコリとしているのが妙に気になる。やっぱり本気になってしまう瞬間があったのだろうか。


ギャラリー
  • 『下衆の愛』 映画というクソみたいな女にはまる
  • 『PARKSパークス』 橋本愛による吉祥寺十題噺
  • 『雪女』 見どころは雪女の熱いラブシーン?
  • 『雪女』 見どころは雪女の熱いラブシーン?
  • 『オトナの恋愛事情』 どちらが気楽にセックスできるか
  • 『母の恋人』 懐かしの顔だけれどちょっと気恥ずかしい
  • 『誘惑は嵐の夜に』 母と娘の入れ替わりコメディ
  • 『ジムノペディに乱れる』 ロマンポルノ再び
  • 『無伴奏』 懐かしいあの時代?
最新コメント