シェールガス革命なんてことも言われるようで、これまでのエネルギーの代わりになることも期待されているエネルギーがシェールガスらしい。しかし実際にそれが革命的でクリーンなエネルギーなのかは定かではないとも言われる。そんな環境問題に取り組んだ作品。
 マット・デイモン演じるスティーヴは大手エネルギー会社の幹部候補で、マッキンリーという田舎町に土地の買占めにやってくる。しかし環境汚染の観点から反対する住民もいて、賛否の投票がなされることになる。その後、環境保護団体のダスティン(ジョン・クラシンスキー)も町に現れ、ネガティブキャンペーンを始め、反対派の勢力が増してくるが……。

 この映画はマット・デイモンが脚本を書いて、ガス・ヴァン・サントが監督した作品だ。そうなるとどうしてもマット・デイモンが脚本と主演を担当し、ガス・ヴァン・サントが監督した『グッド・ウィル・ハンティング/旅立ち』を思い出す。ガス・ヴァン・サント作品は『ジェリー』(この作品もマットの主演・脚本)や『エレファント』のようなよくわからない芸術風な作品と、ウェル・メイドで誰にもわかりやすい作品の系統があるが、『グッド・ウィル・ハンティング/旅立ち』は後者の代表だろう。だから観客としてはそれらしい感動作を期待してしまうのだが、そうなるとちょっとおさまりがよくない気もした。
 スティーヴは悪い青年ではないのだが、このご時勢ではあまり歓迎されるような人物ではない。「いい人だと思うけど、仕事がね」などと言われている。酔っ払って本音が出た際には、「もう死にかけている町なのに、何もしようとしない。シェールガスに賭ければたんまりと金が手に入るのに……」みたいなことを言い、地元の若者に殴られる。アメリカの良心みたいなイメージすらあるマット・デイモンがこんなことを言い出すものだから、ちょっと混乱し、どこに着地点を見出すのか予想がつかなかったのだ。

 ※ 以下、ネタバレもあり。

プロミスト・ランド.jpg

 
 結論から言えば、スティーヴは「ぼくは悪いやつじゃない」と繰り返し言っていたように、やはりマット・デイモンは悪役ではなかったようだ。最後の最後で善悪がひっくり返るからだ。『グッド・ウィル・ハンティング』ではロビン・ウィリアムズ演じる善人のカウンセラーによって、「君は悪くない」と諭されて真実に辿り着くとすれば、『プロミスト・ランド』はその逆で自分が加担していた悪に気づくことで真実に辿り着くといった感じかもしれない。
 ただ、『プロミスト・ランド』における善悪はあまりはっきりとしたものではない。環境汚染はあるのかもしれないが、相棒スー(フランシス・マクドーマンド)のように家族を抱えていればそう言ってもいられないからだ。結局のところ、スティーヴは仕事を投げ出してしまうような形になったが、彼の会社でなくとも別の会社がその町を目指してやってくるだろうし、問題解決になったのかはよくわからない。複雑な問題を複雑なまま示しているから現実と同様あまりすっきりとはしないようだ。環境に対する問題提起としては有効だとは思うのだが……。