サイの角のように 独りよがり映画論

映画について自分勝手な感想の備忘録。ネタバレもあり。 ほかのブログから引っ越してきました。

ジャッキー・チェン

『ポリス・ストーリー/レジェンド』 まだまだ伝説なんかにならないで

poster2.jpg

 ジャッキー・チェンの前作『ライジング・ドラゴン』は、「最後のアクション超大作」と宣言しているわけだけれど、最新作は『ポリス・ストーリー/レジェンド』である。
 ジャッキーが短髪なのは珍しい。あの長髪はアクションが映えるようにという意図があるそうだが、その意味でもアクション映画を狙っているのではないのだろう。今回は物語のおもしろさで引き込まれる内容になっていると思う(あまりジャッキー映画でそんなことを感じたことはなかったのだけれど)。
 それでも金網デスマッチなどのアクションシーンもある。こういったアクションは、どうやら監督のリクエストらしく、ジャッキー本人も「だまされた」とか言っているらしいが、まあジャッキーの映画ならアクションを期待するのは仕方ないのかもしれない。ちなみにこの作品は、あの『ポリス・ストーリー/香港国際警察』シリーズとは関係ないとのこと。

 いつものジャッキー映画の雰囲気とは最初から違う。ジャッキー演じる刑事は、事件の捜査に向かうのではなく、娘(リウ・イエ)とクラブで待ち合わせをする。そこではパーティーが開かれていて、様々な客が招かれている。娘はある男をジャッキーに会わせるのだが、その男たちにジャッキーを含めた客は監禁されることになる。
 拘束から何とか逃げ出したジャッキーが建物内を動き回りながら、娘を救い出そうと奮闘するあたりは『ダイ・ハード』のよう。実は犯人は妹をある事件で亡くしていて、その現場にいた当事者たちをその場所に呼び込んで、復讐を遂げようと考えていたのだ。過去の事件が、当事者たちの証言で見方が変わっていくあたりは『羅生門』的な味わいに。ラストではジャッキーが自らに銃を向けるシーンもあり、アクションは控えめでも、ハラハラさせる映画として楽しめた。
 意外にもシリアスなドラマだったのだけれど、ラストではいつものNGシーンが登場するあたりはジャッキー映画を踏襲していて笑わせてくれる。

 やっぱりジャッキー・チェンの存在は特別だ。まだまだ伝説なんかにならないで楽しませてほしいところだ。たまたま見つけたこのブログでは、ジャッキー映画が世界の映画関係者に与えた影響をまとめていて、とてもおもしろかった。『ポリス・ストーリー/香港国際警察』のワンシーンをスタローンがパクっていたなんて知らなかった。



『ライジング・ドラゴン』 ジャッキー・チェンの「最後のアクション超大作」

 ジャッキー・チェンの最新作。「最後のアクション超大作」とも謳われているのだから、やはり映画館に駆けつけないと。
 これまでにも最後という噂はあった気もするが、今回はマジな感じもする。エンドロールではジャッキーからのファンへのメッセージも登場するし、ラストで曰くありげに登場するのは本物の奥様なんだとか。

 ジャッキーが最後の作品に選んだのは“アジアの鷹”シリーズだ。『サンダーアーム/龍兄虎弟』では撮影中に大怪我をして死にそうになったわけだが、『ライジング・ドラゴン』でもラストの“落下系”アクションでそんな姿を思い浮かばせるような瀕死の姿――これはもちろん演出だが――を見せている。

r_d_01.jpeg

 インディ・ジョーンズに影響された“アジアの鷹”シリーズだけに、物語としては清王朝の秘宝を巡って冒険が繰り広げられる。とは言えジャッキー映画だから物語などどうでもいいわけで、政治的な言説――略奪された国宝だから奪い返して当然みたいな――なども気にせずに楽しめばいいと思う。地上波のテレビ放映となれば、無人島の部分はカットされそうな気もするが、ぼくは純粋にジャッキーのアクションを堪能した。
 アクション映画といえばやはりジャッキーだ。『エクスペンダブルズ』スタローンも、『ラストスタンド』シュワルツェネッガーだって、大好きなアクションスターだ。もちろん彼らの映画も充分楽しんできた世代なのだけれど、やはり一番はジャッキー・チェンだ。スタローンやシュワルツェネッガーのほうがカッコいいヒーロー像を見せてくれるかもしれないが、ジャッキーのような本物のアクションはできないからだ。ジャッキーのアクションはただひたすらに凄いのだ。終盤のソファー上の格闘は久しぶりにわくわくするアクションだった。これを観るだけでも価値がある。

 エンドロールでのジャッキーはファンに向かって「ありがとう」と語りかける。その言葉はファンであるぼくたちがジャッキーに言うべきであり、何だか泣けてきてしまった。とりあえずは「お疲れさま」と言いたいが、ジャッキーが映画界から去るわけではないし、『エクスペンダブルズ3』への出演の噂や『ポリス・ストーリー』の新作などもあるようだし、まだ楽しませてくれそうだ。



ギャラリー
  • 『雪女』 見どころは雪女の熱いラブシーン?
  • 『雪女』 見どころは雪女の熱いラブシーン?
  • 『オトナの恋愛事情』 どちらが気楽にセックスできるか
  • 『母の恋人』 懐かしの顔だけれどちょっと気恥ずかしい
  • 『誘惑は嵐の夜に』 母と娘の入れ替わりコメディ
  • 『ジムノペディに乱れる』 ロマンポルノ再び
  • 『無伴奏』 懐かしいあの時代?
  • 『再会-禁じられた大人の恋』 熊切あさ美の主演作品
  • 『歌声にのった少年』 アラビアン・サクセス・ストーリー
最新コメント