サイの角のように 独りよがり映画論

映画について自分勝手な感想の備忘録。ネタバレもあり。 ほかのブログから引っ越してきました。

ニール・ブロムカンプ

『チャッピー』 やっぱり教育って大事

 『第9地区』『エリジウム』のニール・ブロムカンプの最新作。

 main_large

 舞台は近未来の南アフリカ。ロボット警官が犯罪者たちを取り締まっているという世界。そんなロボット警官をつくったディオン(デーヴ・パテール)は、さらに人工知能をそれに組み込もうとするが、上司(シガニー・ウィーバー)に止められる。しかしディオンはこっそり壊れかけのロボット警官を持ち帰って人工知能をインストールしてしまう。

 

 ロボット警官の造形は日本のマンガに影響を受けている。ウサギみたいな耳は『アップルシード』とかのデザインによく似ている。後半に大暴れすることになるヒュー・ジャックマン(珍しく悪役)が操作する兵器型ロボ(?)・ムースは『ロボコップ』っぽい感じだし、ニール・ブロムカンプ監督のオタクぶりが十二分に発揮されている。

 人工知能をインストールされたロボット警官はディオンに創造されるわけだが、途中でギャングたちが割り込んできてそれを奪ってしまう。このギャングたちのキャラがまたおもしろい。ニンジャヨーランディというふたり組は役名がそのまま芸名ともなっているヒップホップグループ(ダイ・アントワード)らしい(ふたりは実際の夫婦とのこと)。パンクな風貌なのに妙にかわいらしい声のヨーランディと、『ドラゴンボール』みたいなパンツにはなぜか「テンション」とカナカナで書かれているニンジャ。

 “チャッピー”とヨーランディに名付けられたロボットは、最初はほとんど赤ん坊のよう。人の言葉も理解するし、力も強いのだけれど、まだ何もプログラムされていないため何の役にも立たない。ギャングのふたりは悪事に利用しようとするが、創造主であるディオンは「殺し」だけはダメだと叱る。ロボットにしても教育というのが大事だとよくわかる。ギャングに育てられたチャッピーはヒップホップ系の文化で育っていき、それらしいロボットになっていくあたりがおもしろい。

 日本ではカットされてしまったという場面は、兵器ロボ・ムースが、“アメリカ”と呼ばれるギャングの仲間を殺すところ。“アメリカ”はムースによって真っ二つに引きちぎられるのだが、そこがすっかり抜け落ちている。クラスター爆弾をぶちまけて大暴れしていた戦争機械が、“アメリカ”というギャングを殺すというのは、何らかの風刺が込められているのだろう。『第9地区』だってエビ型エイリアンを南アフリカで差別される黒人に重ねていたわけだから。そんな意味では大事な場面を監督の許可なくカットしたのはいかがなものかと思う(追記:リリースされたアンレイテッド・バージョンはカットされた部分が観られるのだろうか?)。

 ニール・ブロムカンプの作品としては『第9地区』ほどではなくても、『エリジウム』よりは断然いい。物語の展開は強引だけれど、チャッピーは愛らしくて楽しめた。人の意識がデータとして残せるか否かは難しいところだと思うけれど、その辺もエンターテインメントとしてさらっと描いていて好感が持てる。

ニール・ブロムカンプ 『エリジウム』 オタク的感性を刺激するSF映画

 『第9地区』ニール・ブロムカンプ監督の最新作。前作の大成功を受けて、マット・デイモンとジョディ・フォスターというスターを擁したSF大作となったのが『エリジウム』だ。
 この映画では、地球は荒廃してスラム化しているが、一部の富裕層だけが上空に浮かぶスペースコロニー“エリジウム”において豊かな生活をしている。最近の映画では『タイム/TIME』が似たような設定だったが、これも格差社会を扱ったSFの王道路線だ。

eri.jpg

 『第9地区』では地球に不時着してスラムに隔離されるエビ型エイリアンは、ブロムカンプの出身である南アフリカのアパルトヘイトで虐げられる黒人を表現していた。今回の『エリジウム』でもそうした社会批判的な視点は活きている。ごく一部の富裕層とその他大勢の貧困層は分断され、貧困層には空に浮かぶ“エリジウム”の幽かな姿に憧れるものの、そこにたどり着く具体的な手段は何もない。“エリジウム”では最新鋭の医療ポッドが存在し、ガンなど不治の病もなくなり、ほとんど永遠の命を手にすることができる。しかしそれは“エリジウム”に居住することが許可された一部の市民だけの特権であり、地上のスラムに生きるその他大勢の人間は目に見える不公平を甘受しなければならない。
 監督によれば、こうした不公平は現実の姿を写したものだ。映画に描かれた“エリジウム”というユートピアと、スラム化した地球というディストピアは現実世界そのものなのだ。

 とは言えブロムカンプ監督は社会批判をすることが目的ではないだろう。『第9地区』ではロボットバトルを見せてくれたが、今回はパワードスーツを身にまとった肉弾戦を見せてくれる。オタク的感性を刺激する様々なガジェット(ドロイドとかパワードスーツとか)が登場する。こっちのほうがビジュアル・アーティストを自認する監督の本領なのかもしれない。敵役がなぜか日本刀を用い、“エリジウム”のなかには桜の木があり、戦闘シーンでは桜の花びらが舞い散るなど、どこか日本びいきなシーンもある。
 ただ王道SFを目指した分、やはり『第9地区』ほどの驚きはなかったというのが正直なところか。スキンヘッドにしてちょっとゴリラっぽさが増したマット・デイモンは頑張っているが、ジョディ・フォスターはあっけない。もっといやらしい悪役が見たかったが……。



ギャラリー
  • 『下衆の愛』 映画というクソみたいな女にはまる
  • 『PARKSパークス』 橋本愛による吉祥寺十題噺
  • 『雪女』 見どころは雪女の熱いラブシーン?
  • 『雪女』 見どころは雪女の熱いラブシーン?
  • 『オトナの恋愛事情』 どちらが気楽にセックスできるか
  • 『母の恋人』 懐かしの顔だけれどちょっと気恥ずかしい
  • 『誘惑は嵐の夜に』 母と娘の入れ替わりコメディ
  • 『ジムノペディに乱れる』 ロマンポルノ再び
  • 『無伴奏』 懐かしいあの時代?
最新コメント