エドワード・ヤンに師事していたというウェイ・ダーションの監督作品。日本人の出演者としては、安藤政信河原さぶ木村祐一などが登場する。

SeediqBale_B2.jpg

 冒頭から圧倒的なテンションで始まる。部族の狩りの場面かと思いきや、突然、部族間の戦いが始まる。勝った側は敵の首を刈るのだから普通のテンションであるはずがない。そんな部族間抗争の興奮も冷めやらぬうちに日本軍の進攻が続き、外部からの侵略者との戦いも始まる。のちに部族の頭目となるモーナ・ルダオも、圧倒的な勢力を誇る日本軍の前には屈服せざるを得ない。モーナ・ルダオは30年以上耐え抜くが、霧社事件という抗日暴動を起こす。これは台湾原住民の悲劇的な歴史を描いた映画なのだ。

 台湾映画を観る機会はそれほどないが、たとえばホウ・シャオシェンの映画なら日本はどちらかと言えば好意的に描かれていたような……。この『セデック・バレ』の日本の扱いはそれとは異なる。反日映画と簡単に決めつけることはできないが、「日本統治時代はよかった」などと言うこともできないだろう。
 第1部は「太陽旗」、第2部は「虹の橋」と題されている。それぞれ日本の国旗と、台湾原住民の考えるユートピアへの架け橋を指している。彼らは立派な戦士となることが「セデック・バレ(真の人)」となることであり、そうすれば虹の橋を渡って豊かな狩り場のある世界に行くことができると考えているのだ。
 ほとんど男ばかりの映画である。女は男が戦士になるために身を尽くす。日本軍との戦いに備えて足手まといにならないようにと、女たちと子どもたちが自死する場面があるが、これも史実のようだ。「霧社事件」とネットで検索すれば、映画に描かれたような陰惨な写真も目にすることができる。あまりにも悲惨な出来事で目を覆うばかりだが、実際に80年ほど前に台湾で起きていた事態なのだ。日本人としても知っておかなければいけない事実だろう。
 部族たちを演じるのは、映画に描かれた彼らの子孫とのこと。壮年期のモーナ・ルダオ(リン・チンタイ)には凄みがあるし、青年期(ダーチン)には野生味と躍動感に溢れている。とにかく皆いい表情をしているのだ。台湾出身で母親が原住民だというビビアン・スーも出演している。
 緑のあざやかな色が映える映像。そこに血の色のような赤に近い色の桜が咲く。そんな美しい土地を舞台に戦士として散っていった台湾原住民の姿に、日本兵たちはすでに失われた武士の姿を見出す。CGがちょっと拙いのが惜しいけれど、合計4時間半以上の長尺も飽きさせない。