『スモーク』ウェイン・ワン監督の最新作。原作は海外のものだが、日本を舞台となっていてお馴染みの顔ぶれが登場する。

 健二(西島秀俊)は作家だが次の作品が書けないまま。編集者の妻・綾(小山田サユリ)に連れられてきた伊豆のホテルで健二がのんびりとしていると、親子ほども歳の離れたカップルが目に留まる。男は白い水着を着た若い女にオイルを塗ってやっている。健二は作家としての興味が沸いてふたりを追うことになる。次第にその執着は度を越していき、部屋を覗き見し、さらには部屋に侵入するまでに……。

hqdefault

 佐原という男(ビートたけし)は美樹(忽那汐里)という女の眠る姿をビデオに撮っている変態オヤジである。川端康成『眠れる美女』を思わせるのだけれど、変態度合いは名高い変態である川端ほどではない。佐原は健二に覗かれていることを知っているし、撮影したビデオを健二に見せたりもするのだが、一緒にビデオを見ているときの佐原の息が荒いのは、健二に見せることで興奮しているというよりも、演じるたけしの肥満度合いのがそうさせているだけに見える。もっと変態度合いを深めてもよかったように思う。

 忽那汐里はそれなりに魅力的だけれど『黒衣の刺客』ほどではないし、しゃべり出すとひどくバカな女に見えてしまうのが残念なところだろうか。ベッドにシャツだけで横たわり佐原に撮影されたり、下着姿にまではなったりするもののギリギリのところは守っている。

 一方で妻の綾を演じた小山田サユリは、健二を演じる西島秀俊の鍛えられた身体に裸で跨って、股間に手を入れたりしてサービス満点である。一部の解釈では綾がすべてをセッティングしていたという説もあるようだ。次の作品が書けない夫にインスピレーションを与えるため怪しげな男女を用意して覗きをさせ、妻の浮気まで疑わせることで作家である夫を揺さぶって書くべき題材を与えようとしていたという……。たしかにそんなふうに解釈できなくもない。ただ、それだったら健二の知らないところで綾の笑みを観客に見せたりしそうな気もするからちょっと違うかもしれない。

 どこまでが現実でどこまでが作家の妄想なのかは明らかではないけれど、こんな妄想が次作になったとすると小説家としての健二の将来はあやしい気がする。