『カンダハール』などのモフセン・マフマルバフ監督の最新作。

03aa582b-s

 独裁者が支配する架空の国が舞台だ。冒頭、大統領と呼ばれる独裁者(ミシャ・ゴミアシュビリ)はその小さな孫(ダチ・オルウェラシュビリ)と一緒に街を一望する宮殿にいる。大統領が街中の電気を消せと電話で命令すると、宮殿以外の電気がすべて消え、眼下の街は真っ暗闇に包まれる。大統領は孫にも同じことをさせてその権力を示そうとするのだが、あまりに調子に乗りすぎたのか下界では革命が生じてしまう。

 マフマルバフ監督は同じくイランのキアロスタミ監督のあとに日本に紹介されたと記憶している。そんな意味ではキアロスタミのようなドキュメンタリー風な作品を撮る監督と認識されていたのだろうと思う。実際『サイクリスト』とか『カンダハール』はそういう作品だった。しかし、この作品はそうした系統とはちょっと変わっていて寓話的な作品になっている。

 革命によって大統領の座から追われた元独裁者は、逃げそびれた孫とともに宮殿を降りて下界をさまようことになる。長い髪のカツラを着け孫には女装をさせて旅芸人のふりをして逃亡する(孫の女装がとてもかわいい)。下界は地獄みたいなものだ。しかもその地獄は元独裁者が自分で作り上げたものであるわけで、元独裁者は自分の治世の酷さを思い知ったのかもしれない。最後まで大統領に返り咲くことを考えているところからすると懲りていないのかも。

 ※ 以下、ネタバレもあり!

 元独裁者は最後に民衆たちにつかまることになる。これまでの冷酷な仕打ちを忘れていない民衆は元独裁者を殺そうとする。さらには単に殺すだけでは飽き足らず、孫を殺すのを見せてからとまで言い出す。かわいらしい孫の首に縄がかけられたときにはあまりにかわいそうでハラハラしてしまった。それでも一部には暴力の連鎖を止めなければならないという良識のある人間もいる。元独裁者と孫が「踊れ」と命令されたところで映画は終わる。

 

 独裁者を殺すのではなく踊らせるというところにどんな意味を込めたのだろうか。元独裁者を政治的に利用しようということだろうか。それとも暴力の連鎖を食い止めるための手段として踊りというものが選ばれたのだろうか。

 放浪の旅に出た元独裁者はギターを演奏し孫にダンスをさせる。ここで流れる音楽はあとから映像に合わせてつけられたものだと思うが、元独裁者たちが街で会うことになるギター弾きや歌手の声はリアルな音源のようだった。フラメンコギターやがなるような歌声(トム・ウェイツ風?)など、どこかロマ族の映画監督であるトニー・ガトリフの作品(『ガッジョ・ディーロ』とか)を思わせるところがあった。意図的なものなのかどうなのかはよくわからないけれど……。