サイの角のように 独りよがり映画論

映画について自分勝手な感想の備忘録。ネタバレもあり。 ほかのブログから引っ越してきました。

丸純子

『オトナの恋愛事情』 どちらが気楽にセックスできるか

 「ラブストーリーズ」のシリーズ第2弾のなかの1本。

 主演は丸純子

 監督は『メイクルーム』の森川圭

オトナの恋愛事情

 丸純子の今回の役柄はそれなりのキャリアウーマンだけれど、実は「白馬の王子様との恋愛」を夢見ているというちょっとイタい女性。男優陣には女性向けAVに出演しているという駿介(有馬芳彦)というカワイイ男の子と、プレイボーイ気取りの50代男性(冨家規政)。

 丸純子演じる山岸詩織は、売れ残ったアラフォーの生態よろしくマンションを購入して老後に備えている。それを当てにした姪っ子冴子(間宮夕貴)が居候して、たまに男を部屋に連れ込んだりもしている。詩織自身は男もおらずひとり寂しく女性向けAVなんかを見て、男優の駿介に恋をしたりしている。そんな詩織が急にふたりの男性との間で揺れ動くことになる。

 もちろん最初は王子様の駿介とのセックスを夢見ているわけだけれど、女優さんをいつも相手に仕事でセックスをしている駿介はおばさん相手に失望するかもしれないと詩織は踏み切れない。一方の加齢臭も気になる50代男性は気張っていたけれど、病気もあったりして自信喪失中。どちらが気楽にセックスできるかと言えば50代の男の方というのも頷ける。

 結局、詩織はどちらともベッドインしてしまう。ベッドシーンはとても対照的に描かれていて、詩織はロマンチックではないけれど賑やかで楽しいセックスの方を選ぶことになる。夢見がちだった詩織も多少はオトナの女性になったということかもしれない。

 コメディタッチの作品で丸純子のコメディエンヌとしての魅力が活きているとても楽しい映画だったと思う。もちろん脱ぎっぷりもよかった。それから相手役の男性陣も好対照で気が利いていたし、姪っ子役の間宮夕貴『甘い鞭』ではまだ子供っぽい印象だった)は若いのに妙に貫禄があってよかった。

『別れた女房の恋人』 丸純子が年下のイケメンと……

 ラブストーリーズ」というシリーズの第2弾。

 公式ホームページによれば、第1弾から引き続いて6本が製作され劇場公開されたようだ。この別れた女房の恋人』は今月になってソフトがリリースされた。

 sub3_large

 主演の丸純子は今回の「ラブストーリーズ」第2弾の全6作品のうちの2本の主役を務めているらしい。それだけ人気があるということなんだろうと思う。年齢のことはともかくとして、とてもかわいらしいので人気のほどもわかるような気がする。

 丸純子演じる尚美はおにぎり屋さんを切り盛りする独身女性。夫とは10年も前に別れ、今ではいつもたらこおにぎりを買っていく青年・草太(塩澤英真)のことが気になっている。

 それまでは結構わびしい生活をしていたようだが、たまたま元夫の真人(春田純一)と再会してあれやこれやと飲んだりしているうちにホテルに入っていくところを草太に見られてしまう。尚美はよりを戻そうと迫る元夫と、気になっていた青年との間で揺れ動くことになる。

 

 物語は他愛のない三角関係もの。しかしこの作品を選んだ人の興味としては丸純子の裸に集中しているわけで、物語なんかはどうでもいいのかもしれない。前の作品『逢いびき』ではベッドシーンは最後まで出てこなかったけれど、今回は結構攻めている。豊かなおっぱいも熟したおしりもたっぷりと堪能できる。しかし何と言っても丸純子のキャラがとても愛らしいのが一番の見所だろうか。一回りも下の青年との恋も悪くはないけれど、腐れ縁みたいな元夫とのバカバカしいやりとりが微笑ましかった。

『逢いびき』 ベタなメロドラマだけれどつつましさがいい?

 『マリアの乳房』『妻が恋した夏』『愛の果実』などのラブストーリーズの1本。借りようかと思ってレンタル店で探すと結構借りられていたりして、今ごろになってしまったから意外に人気があるのかもしれない。何と言ってもこのシリーズはロマンポルノみたいにエロが込みとなっているわけで、やっぱりエロは根強い人気があるのだろう思う。この弱小ブログでもお客さんが多かったりするのは、このラブストーリーズのシリーズだったりもする。

 01c473b60cfc30116570e9085a39476f

 主演の丸純子90年代にはテレビでレポーターなどをしていた人とのこと。お上品な印象で、あまり若くはないのだけれどとても可愛らしい印象。相手役の二枚目・赤木伸輔は、小嶺麗奈がキレイだった『水の中の八月』に出ていた人(そのときは青木伸輔)。

 物語としてはベタな昼メロといった感じ。互いに配偶者を持つ身でありながら、出遭ってしまったふたりが不倫の恋に走ってしまうのだが、なかなか一線を越えないのが慎ましい。世間では不倫なんてそれほど珍しくもなさそうだけれど、やはり後ろめたさがあるということなのだろうか。というよりもメロドラマとしては、そこでの葛藤こそがミソということのなのかもしれない。

 とはいえもちろんベッドシーンもある。色白の肌の豊かな胸は服の上からも窺えるのだけれど、ベッドシーンまでにはいくつもの躊躇を経なければ辿りつかない。いざというときになってからもさらに迷ってしまうところが奥ゆかしくていい? 抱き合いつつも醒めているなんて『男と女』あたりを思わせなくもない。

ギャラリー
  • 『ゲート・トゥ・ヘヴン』 無国籍なファンタジー
  • 『下衆の愛』 映画というクソみたいな女にはまる
  • 『PARKSパークス』 橋本愛による吉祥寺十題噺
  • 『雪女』 見どころは雪女の熱いラブシーン?
  • 『雪女』 見どころは雪女の熱いラブシーン?
  • 『オトナの恋愛事情』 どちらが気楽にセックスできるか
  • 『母の恋人』 懐かしの顔だけれどちょっと気恥ずかしい
  • 『誘惑は嵐の夜に』 母と娘の入れ替わりコメディ
  • 『ジムノペディに乱れる』 ロマンポルノ再び
最新コメント