サイの角のように 独りよがり映画論

映画について自分勝手な感想の備忘録。ネタバレもあり。 ほかのブログから引っ越してきました。

二階堂ふみ

『この国の空』 戦争中も女は女でなぜ悪い

 原作は高井有一の同名小説。監督・脚本には荒井晴彦

 出演は二階堂ふみ長谷川博己など。ふたりは『地獄でなぜ悪い』でも共演している。

 20150508-konokuninosora02_m

 今日は首相の戦後70年の談話が発表される予定とのことで、「戦後70年目」に際して『野火』『日本のいちばん長い日』のような第二次大戦を題材にした作品が公開されている。『この国の空』も戦争を題材としているが、血が流れるのは蚊が叩かれるところと、主人公が処女を喪失する場面のみ。そんな意味ではちょっと珍しい視点の作品だったように思う。

 舞台は東京杉並で空襲もなく一応普通の生活があるものの、戦況は激しさを増していることも伝わっていて、主人公の里子(二階堂ふみ)は「結婚もできずに死ぬのか」という想いを抱えている。戦地で実際に敵と対峙する兵隊たちはもちろん大変だっただろうが、戦争が奪うのはそればかりではないことがよくわかる。最後の二階堂ふみの声で朗読される茨木のり子の詩「わたしが一番きれいだったとき」が里子の心情そのままみたいにぴったりだった。

 わたしが一番きれいだったとき
わたしの国は戦争で負けた
そんな馬鹿なことってあるものか
ブラウスの腕をまくり卑屈な町をのし歩いた

 ちなみにこの作品では二階堂ふみのおしりを垣間見ることができる。市毛(長谷川博己)との初体験が終わったあとの行水の場面だが、恥ずかしさから里子が灯りを暗くさせるために少々薄暗いが若々しい後姿のヌードだった。

 この記事では監督は二階堂に腋毛をつけさせようと考えていたとのことだが、どうやら二階堂は嫌がったようだ(ネタ元が信頼できるのかはよくわからないが)。「わたしが一番きれいだったとき」と謳っているのに腋毛が黒々としていたらちょっと興ざめするかもしれない(インパクトはあったかもしれないが)。別のシーンでは母親役の工藤夕貴が明るい日差しの下で腋毛を披露していて、かつてはそっちのほうが普通だったのだろうとは思うのだけれど……。

園子温監督 『地獄でなぜ悪い』 悪ふざけでなぜ悪い

 仁義のために映画を撮りたいやくざと、映画を撮りたいがためにやくざの出入りに参加する映画バカ。そんなあり得ない設定のハイテンション・ムービー。
 前作『希望の国』では題材がデリケートだったからか、園子温らしさに欠けたところがあったが、今回の演出は役者たちのテンションもマックスで、荒唐無稽な展開も有無を言わせぬ強引さで乗り切ってしまっている点で園作品らしい。

T0015750q3.jpg

 『地獄でなぜ悪い』のクライマックスのやくざの出入りにおける滅茶苦茶さは、タランティーノの『ジャンゴ』の銃撃戦よりもはるかにスゴい血の量と悪趣味さで、もはや笑うしかない。まあ全体的にもコメディなんだけど。
 堤真一の顔芸は、彼の役者としての今後を心配してしまうほどのクオリティ。二階堂ふみに引き回される星野源は戸惑ったような表情が絶妙だが、『スタンド・バイ・ミー』のゲロシーンみたいな大噴射には爆笑した(やくざに追い回されて恐怖のあまり大噴射してしまうのだ)。
 また今回の映画では、園監督作詞・作曲の歌も聞ける。『エクステ』では大杉蓮の口ずさむキモイ歌があったが、今度は少女が歌うCM曲だ(「全力歯ぎしりレッツ・ゴー」という歌詞が耳から離れない)。その少女がキューブリックの『シャイニング』みたいな血の海を滑っていくところが本当に素晴らしい。これは二階堂ふみによっても繰り返されるのだが、今回の二階堂は胸の谷間も露に、ショートパンツ姿で暴れまわる。ちょっとエロい。

image2.jpg

 『地獄でなぜ悪い』は、『アメリカの夜』みたいな映画愛についての映画とも言える作品で、ブルース・リーや深作欣二へのオマージュ、ジョン・ウーみたいな銃撃戦、清順みたいな美術、最後はスプラッタ映画的惨劇と、もはやなんでもあり。「悪ふざけ」と言えばそうなのだが、自分の好きなことに徹しているのがいいし、「悪ふざけでなぜ悪い」と言っているようでもある。ラストでは主役の映画バカ長谷川博己が雨のなかを疾走していくが、初期作品でカメラを持って走り回っていた園子温監督自身の姿を思い起こさせる姿だった。





ギャラリー
  • 『ゲート・トゥ・ヘヴン』 無国籍なファンタジー
  • 『下衆の愛』 映画というクソみたいな女にはまる
  • 『PARKSパークス』 橋本愛による吉祥寺十題噺
  • 『雪女』 見どころは雪女の熱いラブシーン?
  • 『雪女』 見どころは雪女の熱いラブシーン?
  • 『オトナの恋愛事情』 どちらが気楽にセックスできるか
  • 『母の恋人』 懐かしの顔だけれどちょっと気恥ずかしい
  • 『誘惑は嵐の夜に』 母と娘の入れ替わりコメディ
  • 『ジムノペディに乱れる』 ロマンポルノ再び
最新コメント