北野武監督の最新作。昨年劇場公開され、今月になってDVDが登場した。

 『アウトレイジ』シリーズではハードなヤクザものをやっていた北野武だが、今回はちょっと力の抜けた感じのコメディだ。ヤクザ稼業なんて今どき流行らないわけで、昨今の厳しさを増す暴対法だとか、暴力団よりもタチが悪い半グレ勢力なんかも登場する現代のヤクザものとなっている。

 主人公の龍三(藤竜也)からしてもうヤクザは引退していて、家では息子から邪魔者扱いされているかわいそうなおじいちゃんといった感じ。息子はカタギの人間で、家では肩身が狭い思いをしているのだ。背中の龍の刺青は未だに消えないけれど、肩で風を切っていたあのころはよかったと仲間と愚痴り合うといった日々。近頃、目に余る京浜連合という半端者たちに対抗するために昔の仲間たちが集まって新しい組を設立することになる。

jp-photosub1-ryu_large

 それほどテンポがいいわけではないし、『アウトレイジ』のようなカッコよさもないのだけれど、この作品で北野監督がやろうとしているのは漫才みたいなものなのだろうと思う。詰めた指のせいで色々と騒動が生じたり、組設立の挨拶に行けば、よくあるヤクザの口上にはいちいち相手からツッコミが飛んでくる。一番おかしいのは途中でくたばって死に装束のまま襲撃に付き合わされるモキチ(中尾彬)に対する虐待だろう。死人に鞭打つなんてものじゃないひどい仕打ちなのだけれどもついつい笑ってしまう。

 それから飛行機での自爆テロは途中で攻撃対象をアメリカに移すわけだけれど、多分、北野監督は本当はそのまま航空母艦に突っ込ませたかったのだろうと思う(モキチなめの空のカットがよかった)。さずがにそれではと周囲から止められたのだろうが、北野武の毒が出ていて笑える作品だったと思う。