サイの角のように 独りよがり映画論

映画について自分勝手な感想の備忘録。ネタバレもあり。 ほかのブログから引っ越してきました。

松居大悟

『私たちのハァハァ』 女子高生の青春に怖いものはない

887f2088

 『自分の事ばかりで情けなくなるよ』クリープハイプの尾崎世界観とコラボレートしていた松居大悟監督の最新作は、クリープハイプのファンの女の子たちが主人公。クリープハイプに「東京のライヴも」と誘われたから実際に行くことにしたという無鉄砲な4人組。女子高生たちが自転車で北九州から東京までを疾走するというロードムービーだ。

 松居大悟監督は『スイートプールサイド』以来気になっていて、『ワンダフルワールドエンド』もとてもよかったので、これまでの作品はすべて観てみた。ちょっと前に出た本『さあハイヒール折れろ』なんかも読んでみたのだが、どうやら松居監督の映画の主人公は監督本人によく似ている(原作が別にある場合もあるけれど)。

 上記の著作(ネットで連載していたもので、こちらでも読める)によれば、松居監督はまさに『アフロ田中』みたいな童貞キャラをネタにしていた模様。結局、その本の最後の対談では童貞は卒業してしまったことも明らかにされているのだが、だからなのかどうかわからないけれど『私たちのハァハァ』は意外にもまっとうな青春映画になっている。言い換えれば童貞のこじらせ感がなく、真っ直ぐな女子高生の青春物になっているのだ。

 主役の4人は皆それぞれにキャラが立っていてよかったと思う。上のスチールの向かって左から紹介すると、大関れいかは6秒動画とかで人気とかでこの映画でもカメラ慣れしている印象でおもしろい存在。井上苑子はちょっと不良っぽい外見だけれど、声がかわいらしい(実際にシンガーソングライターだとか)。真山朔は一番普通の女子高生らしくてとてもかわいい(ちょっと夏帆っぽく見える瞬間も)。三浦透子は唯一演技経験があるとのことで、クリープハイプにはまってちょっと狂気に陥る難しい役どころを演じている。最初は自分たちのカメラで旅を撮影しているという設定になっているからか、ごく自然な4人の旅の様子が捉えられていたと思う。

 『自分の事ばかりで情けなくなるよ』では第2話のクリープハイプのアンコールに間に合って涙するOLのエピソードが良かったのだが、『私たちのハァハァ』もそれに似た場面もある。ただ結末はちょっと違う。やはり青春ってそんなものだよねというところだろうか。

『ワンダフルワールドエンド』 さよなら男ども、そしてガーリーな世界へ

 『スイートプールサイド』松居大悟監督の最新作。

 主演には橋本愛と蒼波純。

 この映画の主人公・詩織(橋本愛)のあこがれの存在を演じるのは大森靖子で、この映画は彼女のミュージックビデオが元になっているとのこと。大森靖子という存在をどう説明すればいいのかはわからないが、椎名林檎的な憑依型のシンガーソングライターで、言わばちょっと普通じゃない世界を持っている。それは男に媚びるようなことがないガーリーな世界らしく、だからこの映画のキャッチコピーも「さよなら男ども。」だ。

 NEOBK-1755213

 中学生の亜弓(蒼波純)のあこがれは、動画配信などで“かわいすぎるキャラ”(あまりウケてない)を演じているマイナーなネットアイドル・詩織(橋本愛)。そんな詩織のあこがれはあるミュージシャン(大森靖子)で、彼女たちはゴシックロリータの格好に身を包んでいる。

 詩織は一応彼氏と同棲しているけど、そこに亜弓が転がり込んでくる。普通なら三角関係を形成しそうな展開だけれどそうはならない。その関係からはじき出されるのは彼氏で、詩織は亜弓と女の子同士の世界を形成することが最高だと知ってしまう。だからそこで「古い世界」は終わりを告げ、「新しい世界(ガーリーな世界)」がやってくる。そんな「古い世界」の男たちはゾンビになって生き永らえるほかなく、少女たちはワンダフルな「世界の果て」、桜の花と菜の花の咲き乱れる場所へとたどり着く。

 

 松居大悟の登場人物は突拍子もない予測不能な行動をとるようだ。『スイートプールサイド』のときはそれが狂気に見えたのだけれど、『ワンダフルワールドエンド』ではアンビバレントな葛藤が登場人物にそんな行動をさせている。亜弓は詩織へ想いが通じたとき、なぜかそれを受け入れられずに逃げ出してしまう(多分すぐには信じるほどができないほど嬉しかったから)。また、亜弓の母は亜弓を詩織から引き離そうとするわけだが、亜弓の反抗に遭って訳のわからない行動をする(あまりの意外性に一拍子おいて笑えてきた)。

 この映画の世界観は大森靖子の歌に彩られているけれど、その大森靖子のファンだという橋本愛は主役を楽しそうに演じていて、いつも以上に橋本愛が魅力的な映画だったと思う。世界が崩壊するあたりのシークエンスで、橋本愛がひとりで踊り出すところが何ともよかった。

 芸能事務所の社長を演じていた利重剛は『スイートプールサイド』にも出ていたけれど、橋本愛の主演作『さよならドビュッシー』の監督でもあり、橋本愛をやさしく見守る人のいい感じがよかった。



ギャラリー
  • 『ゲート・トゥ・ヘヴン』 無国籍なファンタジー
  • 『下衆の愛』 映画というクソみたいな女にはまる
  • 『PARKSパークス』 橋本愛による吉祥寺十題噺
  • 『雪女』 見どころは雪女の熱いラブシーン?
  • 『雪女』 見どころは雪女の熱いラブシーン?
  • 『オトナの恋愛事情』 どちらが気楽にセックスできるか
  • 『母の恋人』 懐かしの顔だけれどちょっと気恥ずかしい
  • 『誘惑は嵐の夜に』 母と娘の入れ替わりコメディ
  • 『ジムノペディに乱れる』 ロマンポルノ再び
最新コメント