サイの角のように 独りよがり映画論

映画について自分勝手な感想の備忘録。ネタバレもあり。 ほかのブログから引っ越してきました。

門脇麦

『二重生活』 みんな覗きが大好き

 原作は小池真理子の同名小説。

 監督の岸善幸はテレビマンユニオンで演出家、テレビプロデューサーをやっていた人物で今回が初の映画作品。

199397

 大学院の哲学科で修士論文を書こうとしている珠(門脇麦)は、インタビューや調査票などの手法で実存哲学をやろうと模索するのだが、教授(リリー・フランキー)にはそれは心理学や社会学の手法であって哲学ではないと諭される。困り果てる珠に教授は「理由なき尾行」をやってみないかと提案する。

 ルールは簡単で、ある人物を尾行して素行を調査していくのだが、対象となる人物とは決して接触してはならない。珠は恋人の卓也(菅田将暉)と住む家のベランダから見かけた石坂(長谷川博己)を街で偶然見かけ、興味を持って尾行を始める。石坂は妻と娘を持ち幸せな家庭生活を営んでいるのだが、その裏では不倫相手がいて、石坂を尾行していた珠は石坂が不倫相手と昼日中にビルの谷間でまぐわう様子を見てしまう。

 

 主役の門脇麦『愛の渦』という作品でかなりきわどい役柄を演じて話題になった。今回の珠という主人公は卓也という恋人がいながらも、哲学的関心からか石坂の尾行にのめりこみ、石坂のドロドロな不倫劇に巻き込まれることになってしまう。今回の門脇麦は露出はちょっとだけだが、素人探偵めいた尾行の様子が何とも可愛らしい。あれにハンチングでも被らせればマンガの素人探偵そっくりになっただろうと思う。

 ただ無理やり哲学的な深さを感じさせようとしているが難点だろうか。平穏な生活だけの人はいなくて、人は誰でも秘密を持っている。そんな秘密を共有する尾行という行為は実存哲学の残された可能性なのかもしれない。そんなことを珠は論文に書くわけで、リリー・フランキー演じる教授の存在も何らかの深さを出そうとしているようなのだが、いまひとつピンとこない。

 人のことを尾行してその秘密を知るという行為はそれだけでスケベ心をくすぐるものがあるのだから、哲学なんて持ち出さなくてもよかったんじゃないかという気がする。石坂を覗く珠も誰かに見られていることを意識するのだが、そうした全ては観客に見られているわけで、一番覗きが好きなのは観客であるわれわれなのだから。


『愛の渦』 乱交パーティでの悲喜こもごも

 最近では『その夜の侍』とか『ジ、エクストリーム、スキヤキ』あたりも演劇界の人材が作った映画だったが、この『愛の渦』も劇団「ポツドール」の三浦大輔が、岸田國士戯曲賞を受賞した戯曲を自身で監督した映画だ。出演には池松壮亮、門脇麦、新井浩文、柄本時生、窪塚洋介など。

566991l.jpg

 “着衣時間はわずか18分半”という惹句に騙されるつもりで劇場に行ってみると、やはり騙された感はあるのだけれど、それはそれとして、それほどエロくはなくても映画としては楽しめた。服は当然脱ぐわけだけれど、バスタオルを羽織っているシーンのほうが長く、セックスシーンもあるけれど、ボカシが必要なほどではないし、「乱交パーティ」と言っても、そんなにグロい感じもない。女性客が結構多かったのも、「乱交パーティ」というきわどい題材を扱いながらも、到底ついていけないほど突き抜けてないのがよかったのかもしれない。

 ※ 以下、ネタバレも含みます。

 「乱交パーティ」だから当然、やりたい人たちが集まってくるわけで、どんな酒池肉林の地獄絵図のような場面が展開するのかと期待と不安のまま画面を見守っていると、最初のうちは日本人的な場の空気に支配された気まずい時間が続く。じりじりした感じで男女それぞれが相手を見付けていくところは、「乱交パーティ」とは言え、一部の変態だけの遠い世界の話ではないという印象。
 けれども一度はセックスをしてしまうと、急に緊張が解けたように距離感が縮まるようだ。そうなると次第に本性も現れる。保母さんはスケベだとか、実直に見えるサラリーマンがゲスだとか、かわいいOLにはちょっと難点があったり、大人しい女子大生がはげしいあえぎ声を聞かせたりと、意外な面も見えてくるのがおもしろい。裸になって朝まで交われば、通常は見えないようなことも見えてくるわけで、良いところも悪いところもそれなりに明らかになる部分もあり、最後は「乱交パーティ」自体にちょっとした一体感もあったような……。
 物語としては、地味な女子大生(門脇麦)と無口なニート(池松壮亮)との関係に軸があるわけだけれど、それにしても彼ら(彼女ら)は、何故そんなにも性欲に突き動かされているのか? そのあたりはわからないままなのだけれど、熱心なことに人を替えてまで、朝まで何回も闘いを交えるところなど、ちょっと滑稽なくらいだった。

714fc44c2966b4b77db5.jpg

 地味な女子大生を演じた門脇麦は、東京ガスの「ガスの仮面」というCMに出ている女の子。調べるとチョコラBBなんかのCMにも出ているらしく、この映画とは全然印象が違う。今回は眼鏡におかっぱという暗い感じだったが、大人しいわりに性欲は強いという役柄で、全裸できわどい場面にも挑戦していて頑張っている。


ギャラリー
  • 『ゲート・トゥ・ヘヴン』 無国籍なファンタジー
  • 『下衆の愛』 映画というクソみたいな女にはまる
  • 『PARKSパークス』 橋本愛による吉祥寺十題噺
  • 『雪女』 見どころは雪女の熱いラブシーン?
  • 『雪女』 見どころは雪女の熱いラブシーン?
  • 『オトナの恋愛事情』 どちらが気楽にセックスできるか
  • 『母の恋人』 懐かしの顔だけれどちょっと気恥ずかしい
  • 『誘惑は嵐の夜に』 母と娘の入れ替わりコメディ
  • 『ジムノペディに乱れる』 ロマンポルノ再び
最新コメント